小学校に通う子供が2人いますが、毎年4月下旬になると担任の先生による家庭訪問が始まります。子供たちの通う小学校では5日間に分けて各地域ごとに先生が家庭訪問しているようで5日間は4時間授業に給食を食べてから下校となっています。通常は15〜16時下校ですが、この時期は13時半下校となります。
春休みが終わってようやく子供たちも夕方近くまで学校にいるはずなのにまた早く帰ってくるため何となく落ち着きません。給食を食べて帰って来てくれるだけまだいいのですが、いつもより2時間早いとなればゆっくりできません。それに、家の中も片付けておかなければなりません。上の子が6年生なので、今まで5回と下の子が1回と合計6回経験していますがほとんどの先生がリビングで話をします。何回か「玄関で構いません」と言う先生もいましたがリビングは片付け必須です。普段、平日子供たちがいないので散らかることは減りましたがやはり細かい掃除は出来ていません。この時期、部屋が急に片付くのはある意味、家庭訪問のおかげかもしれません。