「さすがに言い方、きつ通り抜けるよ。初めてなんだから出来なくてやはりだろ」
 とうとう無感覚を切らしたN・Hが逆上気味のスパルタ指図を施しておるN・Mをフィナーレに混ざる。
「君は下手くそですなぁ。とにかく、このままだとキリが無いから、ひとまず耕すのは止めてS・K君だけ別の進め方をやって貰おう」
 その場に座り込んでしまったS・Kを尻目に、N・Mはキャラバンの荷台の中に入っていたシャベルを方向づけるとS・Kの目の前で大地に突き刺した。
「S・K君はいま、コレを使ってあの木のお隣あたりに深さ3mぐらいの穴を掘ってくれ」
 急変しすぎのN・Mを目の当たりにして、門下生らはOffがちで進め方を続けていた。
「健二ー。踏ん張れよー」
 多少遠くから初めてこぶしを止めてN・TがS・Kに檄を飛ばしている。S・Kは視線を併せずに、無表情のとおり拳をこちらに向けて突き出すと、N・Mの突き刺したシャベルを畑の中からたくましく引っこ抜き、ゆっくりとだが力強いテンポで木の根元へと向かって行った。あの周囲は根が張っていて土地が固いので掘るのは一苦労かもしれないが、例えいっときであってもN・Mの罵倒に耐え抜いた今の我慢強いS・Kならやっぱしできるかもしれないとわたくしは密かに期待して仕舞う。